2020年・海外の豆腐の人気レシピ一位はベジタリアン向け!?

フランスのオーガニックの豆腐・bjorgについてのレビュー BIO 食材

 外出禁止令が出て20日が経った今日この頃、日本食が食べたくて仕方ないkaeluchan(かえるちゃん)です。日本食気分を味わう為Carrefourでこの間Tofuを買ってみました。しかし、このTofuは、Tofuであって豆腐ではなかった。日本のと何が違うかって、全くの別物なのです。違いが気になる方、商品紹介から実際に調理して食べたレビューをまとめましたのでご覧ください。

商品について

 フランスでよく見かけるBJORG社が出しているTofuを今回購入しました。3€なので約350円と日本の商品の10倍くらいします。

中には、豆腐が2つ真空パックに入って包装されています。豆腐の厚みは、定規で測ったら2.5cm程ありました。硬さと密度は沖縄の島豆腐に近いと思います。

原材料は、水、大豆32%(遺伝子組み換えでない)、ゲル化剤(にがり)、硫酸カルシウム

青いマーカーは、有機栽培で作られたものです。

商品の中には、製造段階で、グルテン、落花生、ナッツ、セロリ、マスタード、ごまを含んでいる可能性があります。

レシピ

 製造会社のサイトにもいくつかレシピは載っていましたが、今回は、フランス版クックパッドのサイト「marmiton」から豆腐の人気レシピを参考にさせていただきました。レシピは、「Tofu mariné」です。本家では、豆腐のマリネだけ紹介されていますが、備考欄に『野菜と合わせて食べることも良し!』とおすすめされていたので、今流行りのベジ丼にしてみました。マスタードソースが、フランス風ですね。

パクチー苦手な方は、三つ葉やパセリを飾り付けに使ってみてください。もちろん、無くても大丈夫です!

作ってみた感想

 大豆の臭みが強いと感じました。漬け置き時間が短いのかもと考えて、5時間漬けた後のも同様に炒めましたが、やっぱり臭みが残っていました。ボソボソ感は特に不快なく、厚みがあるので満足感はあります。粒マスタードと醤油のソースは、他の野菜とマッチしていて白米とも相性が良かったです。島豆腐に近いと書きましたが、濃厚さはありません。

〈作っていて気がついた事〉

 マリネ液に漬け込む時は、ジッパー袋を使うべきです。豆腐が重くて混ぜにくい上、硬さはあるものの崩れる恐れがある為、箸などで混ぜなくてすむジッパー袋をおすすめします。

製造会社はどこ?

 先ほど紹介しました、「BJORG」という会社で、Saint Genis Lavalというメトロポール・ド・リヨンに位置します。30年以上前、集約農業の発展とファーストフードの介入が多くのスキャンダルを作り出した時代、彼らは会社を設立しました。彼らの食品は、オーガニックでいて健康的、そしてバランスよく質の高い栄養素を多くの人が取れることを目指して作られたものばかりです。それゆえ、商品の値段も高価すぎず、至る所で入手できます。商品は、飲料、ビスケット菓子、レトルト食品など多種多様です。グルテンフリーの食品も多いので、小麦アレルギーを持っている方チェックしてみてください!「グルテンフリー商品一覧

ちなみに、今回の商品は、ドイツが生産国として表記されています。

ベジタリアン人口率

 ところで、ベジタリアンのメニューにTofuが使われるとのことですが、そもそもベジタリアンは世界でどの程度いるのでしょうか?気になって調べたところ、正式な統計はえられませんでした。しかしながら、ベジタリアンの割合が高い国の調査結果は存在するそうです。インド、インドネシア、スイス、ブラジルが上位を占めています。宗教、動物愛護や環境がその要因とのことです。

残念ながら、世界中にベジタリアンが何人いるのか、どの国に何%くらいいるのかという正式な統計はありません。ただ、一般論として、「人口に占めるベジタリアンの割合が高い国」というのは存在します。

https://frembassy.jp/news-post/vegetarianmarket/

 そして、訪日外国人に占めるベジタリアンの割合の推計結果はこちらです。

この推計によれば、訪日ベジタリアン数は182万人、2019年の訪日外国人数が3,188万人だったので、全体の5.7%を占めることになります。そして、2019年の訪日外国人の飲食費は1兆389億円(速報値)でした。ベジタリアンの飲食費がこの5.7%だと考えると、訪日ベジタリアンの市場規模は592億円と推計できます。

https://frembassy.jp/news-post/vegetarianmarket/

フランス人のお客さんの話

 アジアスーパーで働いていた頃のお客さん達

麻婆豆腐は、レストランで食べたことあるよ!辛いの苦手だけど美味しいから好きだよ。自分でも作りたくて、丸美屋の市販ソースをゲットしたけど、どの豆腐を使えばいいの?

 彼は、日本食レストランで麻婆豆腐を食べて気に入ったようで自宅で作るために材料の調達に来ていました。そんな初めて作る方には、崩れ難いけど口当たりが滑らかなHouse食品さんのMedium Firm(硬さレベル3)をおすすめしました。意外と、麻婆豆腐のソースって、準備材料の所に、“tofu”としか書かれておらず、一体何の豆腐を使えば良いのか悩むお客様を結構な頻度で見かけました。

日本の豆腐を探しているのだけど、オーガニックのものはありませんか?原材料が、クリアに表示されているものが欲しいわ。

 とにかく、なんでもオーガニック製品があると思っているフランス人。もちろん豆腐についてもよく尋ねられました。当時はオーガニック豆腐は置いてなくて、主にHouse食品さんの「Premium Tofu」を取り扱っていました。しかしながら、原産地がアメリカと表記されている為『なぜ?』と疑問に思う人がちらほらいました。House食品さんの豆腐は、歴史ある素晴らしい商品ですが、海外輸入品という枠で見た場合に疑いの眼差しを光らせるフランス人は多いと感じます。因みに、現在House食品さんはオーガニックの大豆を使用した「Organic Tofu」も販売しています。

日本の絹ごし豆腐や木綿豆腐は、常温保存できないのかしら?いつもスーパーで買うのは、常温コーナーに置いてあるから冷蔵庫に入っているなんてイメージしていなかったわ。

 店内で豆腐を探していた女性。お店では、入ってすぐ目に入る場所に豆腐が陳列されています。にもかかわらず、探し回る人が多くずっと不思議でした。ようやく、この女性の言葉で理解したのを覚えています。日本の豆腐は要冷蔵の物が一般的ですが、今回取り上げた豆腐を見ると、『開封前は直射日光を避け、乾燥している場所での保存』をするよう指示があります。(開封後は48時間以内)この女性は、ニースに住んでいる友達に日本食を振る舞う為必要だったので、紙パックの充填豆腐四季とうふをおすすめしました。さとの雪食品さんが出しているこの豆腐は、独自の無菌充てん技術と豆乳処理技術により、保存料を使わずに冷暗所で賞味期間240日の長期保存ができるとのことです。

まとめ

今回は、フランスのスーパーでよく見かける豆腐を紹介しました。私たち日本人の豆腐は、海を越えたら別物と化かしベジタリアンの肉の代用品として重宝されていました。海外のレストランで、Tofuがメニューに表記されていたらこっちが出てくるかもしれませんね。

コメント

  1. […]  ベジタリアンが豆腐に注目していると以前「海外の豆腐の人気レシピ一位はベジタリアン向け!?」で書きましたが、実は日本の食材はヘルシーというイメージが付いているのか豆腐以外の食材も普段使いする人が多くいます。私が以前働いていたアジアスーパーではこのようなお客様達がいました。 […]

タイトルとURLをコピーしました